熊本を中心にAHA-BLSプロバイダーコース、ハートセイバーコースを開催しています。市民救助者から医療従事者まで幅広く心肺蘇生法やファーストエイドのトレー二ングを提供しています。

EMS熊本

EMS熊本について

EMS熊本は、市民救助者からプロの医療従事者まで幅広い職種の方を対象に、アメリカ心臓協会(American Heart Association)が開発した心肺蘇生法やファーストエイドトレーニングを提供する活動拠点です。

熊本県熊本市を中心にコースを開催していますが、ご希望があれば出張コースも承っております。

日本国内にはAHA(アメリカ心臓協会)と提携したインターナショナル・トレーニングセンター(ITC)が数カ所ありますが、当会は日本医療教授システム学会ITCと提携しています。

またChild Future 熊本の関連団体として小児救急トレーニングの情報発信も行なっています。

さらに日本国内におけるAHAコース展開で有名なBLS横浜のサテライトサイトとして、九州の皆様に有益なコースやトレーニングを提供いたします。

これまで関東でしか開催されなかったコースや学習プログラムが九州熊本で受講いただけるようになりました!

EMS熊本が目指すミッション

AHAコースの定着化

救命処置において常に世界をリードしているアメリカ心臓協会(AHA)の公式プログラムを医療従事者・市民救助者向けに開催します。

AHAは独自のDVDを用いたプログラムを開発していますが、その作成意図や解剖生理学、そしてエビデンスまで追求した内容をお伝えすることがEMS熊本に課せられた使命であると考えています。

熊本県では複数のAHAを開催する団体が存在していますが、EMS熊本の特色は教育工学と専門的立場の視点からコースを提供することにあります。

常に「Why?」を追求し、理解し実践できるコース提供をお約束します。

そのため日頃から医療のプロとして従事している医療従事者が納得できるコース内容を開催しています。

またアメリカ合衆国直轄のトレーニングセンターとコネクションを持つ日本国内の団体と連携していることから、常に世界で最新のトピックスを提供することが可能になっています。

業務としての救命トレーニングの定着化

日本国内では、医療従事者以外の方に対して「業務としての救命トレーニング」は残念ながら定着しているとは言い難いのが現実です。

例えば、学校の教員や保育施設の職員が生徒や園児に救命手当を行う場合や、介護施設の職員が利用者に対して救命手当を行う場合です。

さらに視野を広くして考えると、航空業界(CAや空港職員)やスポーツジムでも然りです。

そのような方の職業性質を考えてみると、一定の頻度で救命手当の対応が想定される方ばかり。

参考記事一定の頻度とは?(BLS横浜)

日本では無料で受講できる心肺蘇生法が定着していますが、それらはあくまでも救護義務がない一般市民向けの内容です。(身内や通りすがりの人に対しての手当てが目的)

そのような背景から救命手当は「勇気を持って実施して」と言われがちですが、救護義務がある方に対してはそれは別問題。

一定の頻度で応急救護を求められる職種の方に対しては、常に注意義務が関連します。

つまり「勇気を持って」ではなく「やらなければならない」ことが課せられています。

そこでEMS熊本ではアメリカ心臓協会が開発した医療従事者以外の業務救護プロバイダー向けハートセイバーCPR AEDコースの普及と定着を目指します。

どこでもAHAコースを受講できる環境を定着化

アメリカ心臓協会と提携している団体は国内に9つ存在します。

参考記事日本のAHA組織の構造(BLS横浜)

どの地域でも同じですが、その多くが市内中心部に拠点を置いています。

居住地域によっては休日等を利用し開催地まで出向くのは負担が大きいかもしれません。

そこでEMS熊本では出張コースのご相談を随時受け付けております。

出張コースでの開催には一定の条件(会場や機材等の)がありますが、基本的にはお受けすることが出来ますのでご遠慮なくご相談ください。

EMS熊本が開催するAHAコース

BLSプロバイダーコース

主に医療従事者を対象とした1次救命処置を学ぶコース。

成人はもちろん、乳児や小児への対応までカバーしており、医師・看護師・救急救命士レベルの内容で1次救命処置を学べるコースプログラムです。

日本では開催数が少ないBLS-PHP(病院前バージョン)も定期開催しています。

コースを修了するとBLSプロバイダーカードが発行されます。

詳しくはコチラ

 

ハートセイバーCPR AED

ハートセイバーCPR AEDコースは緊急時に対応が求められる非医療者のためのプログラム。

心肺蘇生法、AED、異物による窒息への対応を学びます。

どなたでも受講できますが、保育士・学校教職員・警備員・介護職・空港職員・キャビンアテンダント・ホテル職員・スポーツトレーナーなど職業上、緊急対応が求められる方には最適のコース内容です。

コースを修了すると世界的に認知されたHeart Saver CPR AEDカードが発行されます。

このカードは米国職業安全衛生局(OHCA)準拠となっています。

また、オプションで小児や乳児への対応を学ぶこともできます。

九州ではほとんど公募開催されていないハートセイバーCPR AEDコースですが、EMS熊本では定期開催しています。

詳しくはコチラ

 

ハートセイバーファーストエイド

ハートセイバーファーストエイド(Heart Saver First Aid)は、心肺停止ではない傷病者への応急手当を学ぶコースです。

呼吸障害やアレルギーとエピペンの使用法、心臓発作や脳梗塞、怪我の手当など幅広い内容をカバーしており、職業上、応急手当を求められる方には最適のプログラムです。

コースを修了するとHeart Saver FirstAidカードが発行されます。

また米国職業安全衛生局準拠の資格として世界的に認知されています。

九州ではほとんど公募開催されていないハートセイバーファーストエイドコースですが、EMS熊本では定期的に開催しています。

詳しくはコチラ

 

PEARSプロバイダーコース

主に医療従事者を対象とした小児救急への対応を学ぶことができるコースです。

このコースでは「評価・介入・安定化」を実際の事例(映像)を通じて小児救急への対応やアセスメント方法、臨床推論を総合的に学ぶことができます。

BLSでは一次救命処置(心停止後の対応)を学ぶのに対し、PEARSでは心停止にさせないために必要なことを学ぶことができます。

PEARSプロバイダーコースは、姉妹団体のChild Future 熊本が定期開催しています。

PEARSプロバイダーコース

出張コースのご相談も承ります

EMS熊本ではより多くの方にコースを受講していただけるように出張コースのご相談も受け付けております。

より多くの練習時間を確保するため各コースの定員は最小人数(4名)とさせていただきますが、会場、プロジェクター、スライド投影機器(スクリーン等)さえ準備していただければ、トレーニング機材を持って伺います。

いつもの職場で、いつもの同僚と気兼ねなく受講できますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

 

 

更新日:

Copyright© EMS熊本 , 2019 All Rights Reserved.