熊本を中心にAHA-BLSプロバイダーコース、ACLSプロバイダーコース、ハートセイバーコースを開催しています。市民救助者から医療従事者まで幅広く心肺蘇生法やファーストエイドのトレー二ングを提供しています。

EMS熊本

熊本ACLSプロバイダーコース

キャンセル待ち受付中

ココがポイント

・1日でコース修了(2日コースではありません)

・BLS資格や受講歴は不要(AHA準拠)

・ポケットマスク購入不要(レンタルあり)

・少人数制でしっかり学べる

EMS熊本のACLSプロバイダーコース

アメリカ心臓協会公認のAHA-ACLSプロバイダーコースを開催します。

通常2日間かけて開催している団体が多いところですが、マネキン1体あたりの人数を最小限に抑えることによりわずか1日でコースの全過程を修了しACLSプロバイダー資格を取得することができます。

もちろん、循環器専門医や麻酔科専門医の申請にもお使いいただけます。

なお、本コースは横浜や関東を中心に日本全国でAHA ECCコースを展開しているBLS横浜との共同開催です。

お知らせ

本コースはEMS熊本とBLS横浜との共同開催ですが、メール対応等事務管理はBLS横浜が行います。

ACLSの受講にBLS資格は不要

ACLSを開催している団体によっては、ACLSを受講するための条件として有効期限内のBLSプロバイダーカードの保有を求めていますが、それはアメリカ心臓協会(AHA)が定めたルールではなく主催団体等が独自に定めたローカルルールです。

私たちAHA ECCプログラムを開催する団体が必ず守らなければならないグランドルール(PAM)には以下の記載があります。

二次救命処置コースの受講者は、有効なBLSヘルスケアプロバイダーカードの保有をAHAにより義務付けられていないが、BLSスキルに習熟していることが求められる。

つまり、有効期限の有無に関わらずBLSプロバイダーカードの保有はACLSの受講には必要ありません。

ただし、BLSスキルに習熟していることは求められますのでBLSの手技に不安がある方は、ACLSを受講する前にBLSプロバイダーコースを受講されることを推奨いたします。

EMS熊本のBLS

ACLSプロバイダーコースが1日で?!

ACLSプロバイダーコースと聞くと、2日間コースが広く普及しているようですがEMS熊本とBLS横浜のコースでは1日で修了することが可能となっています。

これは1回あたりの受講者数を少人数制にすることにより、マネキン1体あたりの人数を減らすことが可能となるためです。

1日だからコースの内容や質が変わることは一切ありませんし、むしろ2日かけて履修する内容を1日に凝縮していますので質の高いコースを提供いたします。

1日コースにすることで、まとまった休みを確保できない方でも受講しやすくなっており大変好評を得ています。

横浜や関東(BLS横浜主催)ではすぐにSOLD OUTとなる1Day ACLSプロバイダーコースが熊本でも受講可能となりましたので、是非当会のACLSをご検討ください。

お知らせ

モニター除細動器はシミュレーターを用いるため、パッドショックのみとなりパドルでの操作は含みませんのでご了承ください。

ACLSプロバイダーコースの内容

成人BLS学習内容に加えて、薬剤投与、マニュアル除細動器を使った電気的治療や高度な気道確保等が含まれます。

また、心停止に至る前の対応(徐脈や頻拍)、呼吸停止ケース、急性冠症候群や脳卒中までもカバーしているため急変に対応する可能性がある全ての医療従者向けの内容となっています。

ACLSプロバイダーコースの受講対象

医師、救急救命士、看護師などの二次救命処置(ALS)に携わる医療従事者ならびにその学生を受講対象としています。

心停止や呼吸停止、不整脈への対応、脳卒中や急性冠症候群は部署を問わずに対応する可能性があります。

そのため、これまでも上記の医療従事者からの受講が多くを占めていますが、コース受講のネックとして有効期限内のBLSプロバイダーカード所持やまとまった休暇が必要だったことが挙げられます。

その点、EMS熊本とBLS横浜の共同開催するACLSプロバイダーコースでは、BLS資格は不要ですし1日でコースを修了することができますので、受講される方の負担を軽減することが可能となりました。

ACLSは救急救命士にも必要不可欠な理由

「ACLS=病院スタッフ」のみが受講するコースとのイメージが強いかもしれませんが、当会では救急救命士の皆様にもACLSプロバイダーコースを強くお薦めしております。

例えば、ACLSプロバイダーコースで学ぶ心停止アルゴリズムは、日本の救急救命士が行える処置範囲やプロトコルとほぼ同じ内容です(一部の薬剤は除く)し、呼吸停止に対する処置内容も日本の救急救命士が行える処置内容と類似しています。

また、救急現場において徐脈や頻拍に遭遇する頻度は非常に高く、ACLSを受講することで心電図判読スキルや傷病者の状態把握に役立ちます。

日本においては救急救命士が電気ショック(非心停止の場合)や経皮的ペーシングを行うことは認められていませんが、搬送後の治療を知っておくことは病院選定スキルに大いに役立つはずです。

他にも本コースでは、救急現場において頻度が高い「脳卒中や急性冠症候群」を扱いますので救急救命士の皆様にこそお薦めしたい内容となっています。

なお、アメリカをはじめとした諸外国のパラメディックは2年ごとにACLSプロバイダーカードの更新が義務付けられています。

また、本コースで使用する教材(DVD)には多くのパラメディックが登場します。

つまり、救急救命士にとってはACLSは必要不可欠な知識とスキルです。

eCardによるプロバイダーカード発行

熊本 ACLSのeCard

AHA ECCプログラムを受講し所定の試験を修了すると2年間有効のプロバイダーカードが発行されます。

これまでは紙媒体でのカード発行でしたが、AHA(アメリカ心臓協会)はeCard(電子認証)によるカード発行が主流になっており、当会が提携している日本医療教授システム国際トレーニングセンターでもeCardに切り替わりました。

なお、BLSプロバイダーコースやPEARSプロバイダーコースにおいてもeCardによるカード発行に切り替わっております。

さらに詳しく

熊本1日ACLSプロバイダーコース開催情報

キャンセル待ち受付中

コース名 AHA ACLS Provider Course2015
開催日 2020年3月18日(水)(キャンセル待ち)

2020年4月19日(日)(キャンセル待ち)

時 間 9:00〜21:00(受付8:45開始)
開催場所 熊本市流通情報会館
受講条件 AHA2015準拠の成人へのBLSができること

(BLS資格の有無は問いません)

受講対象 1.医師

2.救急救命士

3.看護師

4.上記職種の学生

受講料 32,500(税抜)

(テキスト代/昼食代は含みません)

テキスト ACLSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン2015準拠

必ず事前に購入の上、事前学習をお願いします。

当日はテキストの持参が必要です。

実技試験 成人の一人法BLSとAED

呼吸停止の管理

ACLSメガコード試験

筆記試験 50問4択式で84%以上の正答
ポケットマスク 当会では洗浄・消毒済みのポケットマスクを貸し出します。

コース受講のため新たに購入する必要はありません。

カード発行提携 日本医療教授システム学会ITC

電子認証型システムeCardでの発行です。

コースに関するお知らせ

お申し込みに際して以下の内容をご一読いただき、ご了承をお願いいたします。

1.本コースはEMS熊本とBLS横浜の共同開催ですが、メール事務管理等は全てBLS横浜が担当いたします。

2.前日の航空便の運行状況によってはコース開催が中止となる場合もございます。そのため資格取得期限が迫っている方(専門医申請等)のお申し込みはご遠慮ください。

3.モニター除細動器はシミュレーターを用いるためパドルでの操作は含みません。

4.時間がタイトなため、昼食はランチョン形式となります。事前に昼食等をご購入の上、会場までお越しください。

5.補習となった場合は改めて日程調整を行い後日に実施する可能性がございます。

6.終了時間は目安であり前後する可能性がございます。帰路には余裕を持ってご計画をお願いいたします。

7.最少催行人数に達し次第、BLS横浜からご連絡差し上げますのでお申し込み後はしばらくお待ちください。

8.キャンセルが発生した場合のみ、ウェイティング順にご案内いたします。

ACLSプロバイダーコースお申し込み

更新日:

Copyright© EMS熊本 , 2019 All Rights Reserved.