熊本を中心にAHA-BLSプロバイダーコース、ACLSプロバイダーコース、ハートセイバーコースを開催しています。市民救助者から医療従事者まで幅広く心肺蘇生法やファーストエイドのトレー二ングを提供しています。

EMS熊本

病院内BLSプロバイダーコース


EMS熊本は熊本県を中心にAHA(アメリカ心臓協会)コースを開催する団体です。

熊本県内にはAHAコースを開催している団体がいくつか存在していますが、当会は日本医療教授システム学会国際トレーニングセンターと提携しているトレーニングサイトです。

そのため、当会が主催するAHAコースを受講し、必要な試験に合格するとAHA公式のプロバイダーカードが発行されます。

なお、当会は、日本でのAHAコース開催で有名なBLS横浜のサテライトサイトであり、横浜で受講するコースと同様の質を提供いたします。

医療従事者なら心肺蘇生法はできて当然?

最近では病院内で独自のBLS研修をカリキュラムとして取り組んでいる病院も増えていますが、いざ急変対応の場面でトレーニング通りの心肺蘇生法は実施できているでしょうか。

一般市民が行う心肺蘇生法と異なり、医療従事者の場合はエビデンスやガイドラインに則った対応が求められ、その対応が不十分であることは容認されません。

また、実は医療従事者が知っているであろうBLSの知識は、BLSプロバイダーコースで扱う内容の半分程度とも言われています。

つまり、「BLS研修=AEDありき」となっていることが非常に多く、また、心停止の種類をご存知の方も多くはないとも言われています。

国際病院評価機構JCIや専門医認定でも求められる

近年では、国際病院評価機構JCI認定のためにスタッフにBLSプロバイダーコースを取得させる病院も増えてきました。

また、循環器専門医や麻酔科専門医の認定試験にもBLSプロバイダー資格の取得を求められています。

他にも看護師におけるラダー研修のカリキュラム内にBLSプロバイダーコースを採用している医療機関も増えており、プロの医療者としては当然の資格として広く普及しています。

アメリカを始めとする諸外国では、有効期限内のBLSプロバイダーカードの所有を就労条件としており、たとえ国家資格ライセンスがあっても、BLSプロバイダーカードの有効期限を失効してしまうと就労できないことになっています。

そのため、アメリカ等においては、病院事務が全職員のカード情報を一括管理できるようeCardというシステムを採用しています。

なお、当会でBLSを受講した場合でも、電子認証型システムeCardによるカード発行となりますので、病院単位でのコース開催がさらに管理しやすくなりました。

さらに詳しく

いつもの職場でBLSを受講しませんか?

院内安全教育や患者様のために、医療スタッフがBLSプロバイダー資格を取得することは大切なことですが、休暇等を利用して外部に出向させるのはスタッフの労務管理上、悩ましい事かもしれません。

そこで、EMS熊本では出張コースを随時承っておりますので、お勤めの病院等でBLSプロバイダーコースの開催が可能です。

公募コースにお越し頂きコースを受講するのも可能ですが、出張コースならではの特典をご用意しておりますのでご紹介します。

さらに詳しく

特典1 受講料が格安

通常の公募開催コースと異なり、病院内でスタッフ向けに開催する場合は会場費が必要ありません。

そこで、EMS熊本が依頼を受けて病院で開催するコースでは、会場費が不要な分を受講料金から値引きいたしますので、通常よりも格安のお値段でBLSプロバイダーコースをご案内致します。

ただし、いくつかご準備をお願いする物品もございますので、詳しくはお問い合わせください。

特典2 復習参加が何度でも無料

BLSプロバイダーコースでは、医療従事者レベルでの心肺蘇生法のトレーニングや、国際コンセンサス及びAHAガイドラインに沿った知識等を習得することができます。

発行されるプロバイダーカードの有効期限は2年間ですが、継続的なトレーニングを行わなければ習得したスキルは急速に低下します。

そのため、EMS熊本のBLSプロバイダーコースでは、何度でも無料の復習参加を承っております。

例えば、院内コースを受講された方が、次に開催する院内コースに来られて、人形相手にBLSの練習を行うのも可能ですし、再度聞いてみたい座学を受けることも可能です。

もちろん終始コースに参加する必要はなく、途中参加や途中退席も問題ございません。

休憩時間等に少しだけ立ち寄ってみるスタイルもEMS熊本オリジナルのプランです。

特典3 医療従事者だけでなく全ての病院スタッフに

BLSプロバイダーコースはどなたでも受講可能ですが、内容はやや高度な医学的知識が含まれます。

そのため、多くの医療機関では医師、看護師、検査技師、放射線技師等の医療資格を持つスタッフだけがBLSプロバイダーコースを受講することが多いです。

しかし、病院内と言えども、人が突然倒れるのは医療従事者の目の前だけとは限りません。

会計や受付を待つロビーかもしれませんし、食堂やレストランかもしれません。

そこで、EMS熊本ではハートセイバーCPR AEDコースを開催しています。

ハートセイバーCPR AEDコースはAHA公式のプログラムで、主に医療従事者以外の方(事務職員や調理スタッフ、看護助手や介護スタッフ等)を対象とした一次救命手当を学べるコースです。

アメリカでは職種によっては必須のプログラムですが、日本ではそもそもの開催数が非常に少ないのが現状で、九州では当会以外に定期開催している団体はありません。

EMS熊本では院内BLSプロバイダーコースと同様に、ハートセイバーCPR AEDコースの依頼開催も承っております。

単独での開催も可能ですが、BLSプロバイダーコースと同時開催も可能ですので、詳しくはお問い合わせください。

病院内コースでご準備をお願いする物品等

病院内でのコース開催を依頼する場合は以下の物品等をご準備ください。

  • 会場(会議室や研修室)
  • 長机、椅子
  • プロジェクター(ケーブル含む)
  • スクリーン

これ以外の物品等については全てEMS熊本が準備し持参いたします。

なお、プロジェクターやスクリーン、会場については事前にいくつか確認させていただく項目がありますのでご了承ください。

1回あたりの受講人数について

当会が主催する各コースでは、ほぼマンツーマンに近いスタイルで開催しています。

大人数でのコースの場合、細かな点までフィードバックが困難ですし、一人当たりのトレーニング数が少なくなってしまいます。

そこでEMS熊本では1度の受講人数を4名とさせていただいております。

ただし、質の高い指導とコース内容を提供できますので、これまでも高評価を得ております。

まずはお問い合わせください

まずはお気軽にお問い合わせください。

コース内容に関すること、料金や物品等についても迅速に対応させていただきます。

お問合せ

 

更新日:

Copyright© EMS熊本 , 2019 All Rights Reserved.