AHA-BLSプロバイダーコース

AHA(アメリカ心臓協会)BLSプロバイダーコースは、医師・看護師・救急救命士などの医療従事者レベルでの1次救命処置(Basic Life Support)を1日で習得するコースです。

成人はもちろん、日本では学ぶ機会がほぼない小児や乳児への救命処置も標準で学ぶことができる世界的に広く認知されたプログラムです。

BLSプロバイダーコースとは

BLSプロバイダーコースは、アメリカをはじめとした世界各国で開催されている医療従事者向けの1次救命処置を学ぶコースです。

市民向けの心肺蘇生法講習とは異なり、解剖生理学に基づいたCPRトレーニング、AED取扱い、脈拍の触知やバッグバルブマスクでの人工呼吸、呼吸停止ケースでの補助呼吸、異物除去等が含まれ、1次救命処置に必要な知識と技術をフルサイズで習得することができます。

ACLSのような2次救命処置の入り口となるのがBLS。

医療従事者にとっては「出来て当然」の風潮がありますが、日頃からBLSを実践する部署に所属しているスタッフ以外にとっては非日常的かもしれません。

BLSコースはAHA(アメリカ心臓協会)が作成したDVDベースで進行しますが、解剖生理学とエビデンスに基づいた「理解して実践できるBLSコース」を提供いたします。

乳児や小児への救命処置も標準で

乳児や小児への蘇生法を学べるプログラムは日本では希少です。

心肺停止に陥る原因や過程が成人とは異なるため、蘇生法の手順に違いがあります。

また、乳児や小児が心肺停止に陥る原因を生理学ベースに考え実践できるコースは国内ではBLSプロバイダーコースが唯一です。

そのため、これまで受講された小児科スタッフの方からも定評があります。

効果的なチームダイナミクスを学ぶ

心肺蘇生法は個人技能のイメージが強いですが、日常的に救命処置を行う医療従事者の場合、全てはチーム医療で行います。

そのため職場のスタッフとのチーム蘇生が非常に重要ですが、チームが効果的に機能するために必要なトレーニングや知識を学ぶ機会は日本では多くはありません。

BLSプロバイダーコースではドラマ仕立ての映像を視聴しながら、チームダイナミクスに必要な要素や方法を学ぶことができます。

また、習得したチームダイナミクスの知識を活かしたチーム蘇生トレーニングも行います。

BLSプロバイダーコースの受講対象者

どなたでも受講できます。
(医療資格不問・年齢制限なし)

BLSプロバイダーコースは医学的な内容を含みますが、これまでにも保育士や学校職員など様々な職種の方が受講されています。

医療従事者はもちろん、複数人での高度な救命処置を学びたい方であればどなたでも受講可能です。

また一般市民に対して職業的に救急講習等で指導する立場の方にも非常にお勧めできるコース設計となっています。

当会は日本医療教授システム学の立場から教育工学にも力を入れています。

BLS-IFPとBLS-PHPの違い

G2015のBLSプロバイダーコースでは、受講される方の職業背景に応じてDVDのシーンを2つの場面から選択できるようになりました。

そのため病院内で働く医療従事者だけでなく、消防職員や救急救命士のような病院外で働く方にとってもより具体的なイメージで学ぶことができます。

これまでBLS-PHPを受講された救急隊員の方からも定評を得ています。

特にBLS-PHPコースは九州ではほとんど開催されていないため、病院外で働く医療従事者や保育士、学校教職員の方におすすめします。

なお、視聴していただくDVDの導入映像が違うだけで、習得する内容や実施するトレーニング内容はPHPもIFPも同じです。

またどちらのコースを受講されても、筆記試験の内容や発行されるプロバイダーカードは同じですので、日程的に合わない場合でもご安心ください。

IFPとPHPの違いについてはこちら

世界で通用する
BLSプロバイダーカード

筆記試験と実技試験に合格すると、AHA(アメリカ心臓協会)から2年間有効のBLSプロバイダーカードが発行されます。

これは世界的に通用するカードで医療従事者レベルでの蘇生技術認定証です。

特に米国では有効期限内のBLSプロバイダーカード所有を医療従事者に義務付けている州も多く、このカードがないと従事不可となるほど認知度が高い資格の1つです。

BLSプロバイダーカードは日本国内でも広く認知されており、ACLSと併せて麻酔科専門医や循環器専門医等の認定要件とされています。

また近年では、国際病院機能評価(JCI)の認定要件として院内スタッフに対してAHA-BLSの取得を義務付ける医療機関も増えています。

BLSプロバイダーコースの概要

コース名 AHA BLSプロバイダーコース
コース内容 成人・小児・乳児に対する一人法CPR/二人法CPR

AEDの使い方、ポケットマスク、バッグバルブマスク取扱い法

人工呼吸と補助呼吸

窒息への対応

高度な気道確保が行われた後の対応

オピオイド中毒への対応など

受講資格 どなたでも受講可能

(医療資格不要・年齢不問)

※やや高度な医学的内容を含みます

受講対象 1.医療従事者(医師・看護師・救急隊員・その他医療スタッフ)

2.職業的に複数での心肺蘇生を行う可能性がある方

3.高度な蘇生技術を習得したい方

4.BLSプロバイダーコースの受講を希望する方

受講料 15,600円(税別)

BLSピンバッジが不要の方は14,800円(税別)

テキスト BLSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン2015準拠

1人1冊のテキストを事前に購入し会場に持参して頂く必要あり

一般書店でも購入可(在庫状況による)

所要時間 約6時間程度

筆記試験と実技試験について

BLSプロバイダーコースを修了するためには、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。

筆記試験は全25問に対して84%以上の正解で合格です。

筆記試験はオープンリソースとなっており、テキスト等の持ち込みが可能です。

実技試験は成人への1人法CPRとAED、乳児への1人法CPRと2人法CPR及びバッグマスク換気をチェックします。

プロバイダーカード発行について

全てのコースを修了し試験に合格されると2年間有効のBLSプロバイダーカードが発行されます。

カードのお届けは後日、お申し込み頂いた住所へ郵送となります。

ポケットマスクについて

BLSプロバイダーコースでは、ポケットマスクを使用した人工呼吸の練習も行います。

EMS熊本のBLSプロバイダーコースでは受講される方の負担を可能な限り軽減するため、無料貸し出しを行っています。

貸し出しするマスクは、

洗浄・消毒済み(セミクリティカル)です。

コース受講のためだけに購入する必要はありません。

既にお持ちの方やご自分専用の市販品をご用意されても構いません。

アフターサービスについて

EMS熊本では独自のアフターサービスとして復習参加(再受講)をご案内しています。

AHA(アメリカ心臓協会)も反復学習の必要性に触れており、日常的に救命処置を行わない立場にある方にとっては継続的な学習が必要と考えております。

BLS-PHPを受講された方はBLS-IFPを、BLS-IFPを受講された方はBLS-PHPを視聴することも可能です。

EMS熊本でBLSプロバイダーコースを受講し有効期限内のプロバイダーカードをお持ちの間は何度でも無料で復習参加が可能です。

会場のスペースとマネキン数が許す限り、受講者と同じようにトレーニングが可能です。

また当会以外の日本医療教授システム学会ITCでコースを受講された方も復習参加可能です。

※申し込みフォームに復習参加と記載してください。

※申し込みフォームには受講日と受講団体名を記載してください。

※会場のスペースや受講人数によってはお断りする場合がございます。

BLSプロバイダー申し込みページ

2019年7月24日(水)

コース案内はこちらから