熊本を中心にAHA-BLSプロバイダーコース、ハートセイバーコースを開催しています。市民救助者から医療従事者まで幅広く心肺蘇生法やファーストエイドのトレー二ングを提供しています。

EMS熊本

ハートセイバーCPR AED

アメリカ心臓協会(AHA)のハートセイバーコースは、応急救護対応責務がある業務プロバイダー(市民救助者)のための救命手当を学ぶプログラムです。

一定頻度で救命手当を行う可能性がある職業の方は、ハートセイバーCPR AEDコースの受講をお勧めします。

応急救護対応責務がある市民救助者

日本では一般市民を対象とした無料の救急講習が一般的ですが、その基本的な対象は「善意で行う一般市民」です。

具体的には自分の身内や通りすがりに偶然発見した傷病者への対応などが挙げられます。

つまり「救命手当」に対して実施義務や責任がない方を対象にしています。

対して、一定頻度で救護対応の可能性がある職業の方は救護義務プロバイダーです。具体的には学校教職員、保育士、介護(福祉)施設職員、警備員、空港職員、キャビンアテンダント、スポーツトレーナー、宿泊施設職員などが該当します。

一般市民が行う手当は偶発的なのに対して、一定頻度の割合で救命手当を行うことを想定される方は、業務としての心肺蘇生法が求められます。

しかし、日本では業務としての心肺蘇生法を学べる機会は非常に少なく、ハートセイバーCPR AEDコースがその一端を担っています。

業務としての心肺蘇生法

一般市民が行う善意としての応急手当では責任や義務が求められないのに対して、業務としての心肺蘇生法は大きく異なります。

なぜなら「職業上の対応義務」として常に注意義務が関連し、一定の法的責任が付いています。

例えば、一般的に広く普及している一般市民向けの救急講習では、人工呼吸の重要性については深く触れられていませんが、業務として行う救護では人工呼吸の省略は推奨されていません。

一定の頻度で救命手当を行う市民救助者が、一般市民向け(善意としての手当)の救急講習を学ぶことは適切ではありません。

しかし、日本において市民救助者向けのトレーニングを受講できる機会は極めて少なく、そのような背景から無料の救急講習が広く普及しています。

そこで、常に一定の法的責任と隣り合わせの市民救助者がセミプロとして救命手当を学べる研修が、ハートセイバーCPR AEDコースです。

アメリカでは広く普及しているコースで、職業次第では資格取得を義務付けられているほど重要なプログラムですが、日本では開催数が非常に少なく、特に九州では定期開催や公募開催がほとんど行われていません。

このような背景からEMS熊本ではハートセイバーCPR AEDを定期開催いたします。

ハートセイバーCPR AEDコース

ハートセイバーCPR AEDは、アメリカの労働法規によって作られた心肺蘇生法(AED含む)講習です。

アメリカでは職業義務としての心肺蘇生法が明確に区別されており、学校教職員や保育士など、職種によってはこのコースの受講と資格取得が義務付けられています。

他にもハートセイバーCPR AEDは、介護施設職員、空港職員、キャビンアテンダントやスポーツトレーナーなど、多くの職種の方に必須のプログラムです。

日本では、一定頻度者に対しては厚生労働省の通達に基づいたAED講習の受講を義務付けられていますが、ハートセイバーCPR AEDコースはこの講習要件を満たします。

職業義務としてのポケットマスク

日本では人工呼吸の重要性については深く触れられる機会が少ないのが現状ですが、職業として行う心肺蘇生法において、人工呼吸の省略は推奨されていません。

特に、学校や保育施設で発生し得る事故や、プール等での事故の場合は人工呼吸は重要です。

しかし、感染のリスクや心理的要因を考えると、口対口人工呼吸は第一選択ではありません。

また広く市場に流通しているフェイスシールドは手技的に様々な課題が残されています。

そこでハートセイバーCPR AEDコースではポケットマスクの訓練を徹底して実施します。

コース受講に際し、事前にポケットマスクの購入を受講要件としている場所もありますがEMS熊本では、受講される方の負担を軽減するため無料貸し出しを行なっているため、コース受講のために購入していただく必要はありません。

ただし、既にお持ちの場合やご自分専用の物を使いたい方は市販品でも構いません。

なおEMS熊本で貸し出すポケットマスクはAHAに則り、

洗浄・消毒済みのセミクリティカルですのでご安心ください。

成人だけでなく乳児や小児への対応も学べます

ハートセイバーCPR AEDコースの基本的なカリキュラムは成人を対象にした内容で行いますが、オプションとして乳児や小児への内容(心肺蘇生法、人工呼吸、窒息への対応)を学ぶことが出来ます。

特に、学校教職員や保育士、幼稚園教諭の方は乳児と小児を含むフルバージョンのハートセイバーCPR AEDコースをお勧めします。

■申し込み前にご確認ください
・公募コースでは乳児・小児を含まない場合があります。
・受講案内をご確認ください。
・職場単位でのコース開催も可能ですのでお問い合わせください。

シミュレーションにこだわる理由

当会が開催するハートセイバーCPR AEDコースでは、シミュレーションを取り入れております。

コース全体でインプットした知識やスキルを効果的に発揮するためには、適切なアウトプットが必要です。

そのためにはシミュレーションが必須だと考えております。

例えば、受講された方が学校教職員の方であれば学校をイメージした想定を。

保育園や幼稚園職員の方であれば、保育施設を。

福祉施設の方や空港職員の方であれば、それぞれの職場を。

動きの中で新たな課題を発見できることこそが学びの収穫です。

教育工学に基づいたデブリーフィングを通じて効果的なアウトプットを目指します。

ハートセイバーCPR AEDコースの概要

コース名 AHAハートセイバーCPR AED
コース内容 成人への一人法CPR

AEDの使い方

ポケットマスクの使い方

人工呼吸トレーニング

窒息への対応

(乳児・小児はオプション)

受講資格 どなたでも受講可能
(医療資格不要・年齢不問)
受講対象 1.緊急時に対応義務がある職種や立場の方

2.AED使用に関する技能証明が必要な方

3.より高度な蘇生技術を習得したい方

<特に受講を推奨する職種>

学校教職員、保育士、幼稚園教諭、介護職員、空港職員、CA、スポーツトレーナー、警備員など。

受講料 7,000円(税別)

小児(乳児)を含む場合は9,000円(税別)

テキスト ハートセイバーファーストエイドCPR AED

1人1冊のテキストを事前に購入し会場に持参して頂く必要あり

一般書店でも購入可
(在庫状況による)

別コース(ファーストエイド)でも使用します

所要時間 約2.5時間程度

乳児・小児を含む場合は約3.5時間

試験について

実技試験(スキルチェック)のほか、任意とされている筆記試験を行います。

筆記試験は10問(15問もあり)4択となっており84%以上の正解で合格となります。

ただし、筆記試験についてはオープンリソースのためテキストの持ち込みが可能です。

プロバイダーカード発行について

ハートセイバーCPR AEDコースを修了し試験に合格すると2年間有効のHeartSaver CPR AEDカードが発行されます。

世界的にも認知度が高く救護義務がある職種の方にとっては必須とされている諸外国も多くあります。

なお、カードについては後日郵送となります。

職場単位での受講も可能です

EMS熊本では公募開催のほか、職場単位での受講も承ります。

その場合、1回あたりの受講者数は4名です。

開催には一定の要件(機材準備等)がありますが、随時ご相談を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

ハートセイバーCPR AEDのお申し込み

2019年9月23日(満席)

申し込みはこちら

※熊本でのHeartSaver®︎開催は希少です

 

更新日:

Copyright© EMS熊本 , 2019 All Rights Reserved.