募集中のBLSプロバイダーコース

エビデンスと理解を追求したBLS

2019年7月24日(水)にBLSプロバイダーコースを開催します。

プロの医療従事者としてエビデンスと理解を追求した内容で、「お作法」だけに留まらない内容を提供いたします。

なお受講される方の職業背景に応じて使用するバージョンを決定しますが、PHPもIFPもカリキュラム、実技内容、試験や発行されるプロバイダーカードは同じですのでご安心ください。

PHPとIFPについての違いはこちら

コース概要

コース名 AHA BLSプロバイダーコース
開催日 2019年7月24日(水)
時 間 13:30〜19:30(受付開始13:15)
開催場所 熊本市流通情報会館
コース内容 成人・小児・乳児に対する一人法CPR/二人法CPR

AEDの使い方、ポケットマスク、バッグバルブマスク取扱い法

人口呼吸と補助呼吸

窒息への対応

高度な気道確保が行われた後の対応

オピオイド中毒への対応など

受講資格 どなたでも受講可能(医療資格不要・年齢不問)

※やや高度な医学的内容を含みます

受講対象 1.医療従事者(医師・看護師・救急隊員・その他医療スタッフ)

2.職業的に複数での心肺蘇生を行う可能性がある方

3.高度な蘇生技術を習得したい方

4.BLSプロバイダーコースの受講を希望する方

受講料 15,600円(税別)

BLSピンバッジが不要の方は14,800円(税別)

バッジ不要の方はお申込み内メッセージ欄にご記入ください

テキスト BLSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン2015準拠

1人1冊のテキストを事前に購入し会場に持参して頂く必要あり

一般書店でも購入可(在庫状況による)

実技試験 成人の一人法CPRとAED

乳児の一人法CPRと二人法CPR

筆記試験 日本語25問4択式で21問以上の正答(テキスト参照可)
ポケットマスク 当会では洗浄・消毒済みのポケットマスクを無料で貸し出します。

コース受講に際して新たに購入する必要はありません。

カード発行提携 日本医療教授システム学会ITC

コース後、郵送でのお届けになります。

お申込みはこちら