熊本を中心にAHA-BLSプロバイダーコース、ハートセイバーコースを開催しています。市民救助者から医療従事者まで幅広く心肺蘇生法やファーストエイドのトレー二ングを提供しています。

EMS熊本

院内研修としてEMS熊本のBLSプロバイダーコースを採用している病院様の声

EMS熊本では、病院様からの依頼コースを随時承っております。

現在、複数の病院様から定期開催の依頼を受けており、これまでにも院内の教育担当者様や医療安全チームの方など、多くの医療従事者の方(看護師、作業療法士、理学療法士など)に受講して頂いております。

このページでは、過去に当会のBLSプロバイダーコースを受講された方の感想を抜粋してご紹介いたします。

熊本県 A病院様

主にリハビリや整形外科がメインの病院様です。

これまでに複数回のBLSコースを開催させて頂きました。

理学療法士

医療従事者としてBLSは出来て当然と思っていたが、知らないことが多かった。すごく勉強になりました。

看護師

新人研修でBLSを習ったことはあるが、習っていない事ばかりで勉強になりました。

急変の頻度が少ないからこそBLSを受講して備えるべきだと思いました。

看護師

2年毎にBLSを更新していたが、初めて知る内容ばかりだった。

今回のコースが一番勉強になりました。

熊本市 B病院様

主に回復期、療養型の医療機関です。

独自の院内BLS研修も定期開催されていますが、当会のBLSコースに依頼してくださいました。

看護師

院内研修でBLSを訓練したことはあるが心停止の心電図波形を詳しく知ることができた。

だからこそ急変させたい看護を実践したい。

かなり勉強になりました。

作業療法士

院内の医療安全チームとしてBLSを受講しましたが、あらゆる状況を想定して準備すべきだと感じた。

教えていただいた内容を参考にして、より良い院内安全管理に繋げたい。

院内BLSプロバイダーコースのメリット

同じ職場の方同士でBLSプロバイダーコースを受講するメリットは、その場でデブリーフィングした内容や課題を、そのまま実践に移すことができることです。

過去にも、

  • 救急カートに足りない物を見つけた
  • 記録用の用紙をフォーマットして配備する
  • 院内のRRTチームを立ち上げる

通常の公募コースの場合は、受講生の職業背景が異なるため、実践的なデブリーフィングまでは行わないことが多いのですが、院内コースであればこそ、実践に即したデブリーフィングを通じて、院内の安全管理にお役に立てると考えております。

依頼コースはお問い合わせください

熊本県を中心に、九州各地まで出張し依頼コースを開催いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

投稿日:

Copyright© EMS熊本 , 2019 All Rights Reserved.